ハチ駆除で性活の脅威を取り去ろう|一歩間違うと超危険

専門業者へ依頼

2人の男性

衛生管理の一つ

ねずみは、食品業界にとっては衛生上、しっかりと駆除すべき対象動物といえます。保管中の食材への食害はもちろんのこと、その習性から病原菌を媒介する可能性が高く、食中毒の原因ともなり得るためです。ねずみは気温やにおいの状況から建屋によりついてきます。その際に、ねずみが侵入できるような建屋であれば、次々に侵入を繰り返し、増殖していくわけです。そのため、食品に携わるものは、多かれ少なかれ、ねずみ駆除を行う必要が出てくるのです。一般的なねずみ駆除対策としては、侵入させないような状況を作り出すことですが、一度侵入してしまった後は、ねずみそのものへの対策を行う必要があります。毒餌、捕獲機といった道具を使用することが、手も汚れにくく人気です。

困ったら業者へ

ねずみは種類によりその特性が大きく違っています。一般的に、こういった工場で捕獲されるネズミとしては、クマネズミ、ドブネズミ、ハツカネズミが知られています。これらのねずみはそれぞれ違う特徴を持っていることから、その種類ごとの対策を施す必要があります。しかしながら、被害が出た状態と、足跡、侵入口の可能性、糞などだけでその種類を見分けることは素人には難しく、これらの情報を基にねずみ駆除を遂行することは困難なのです。そこで、こういったときに利用したいのが、専門のねずみ駆除業者です。ねずみ駆除業者は、上記の情報を基に種別を割り出すだけでなく、適切な捕獲方法を選択し、駆除を行い、再発防止策まで提案してくれます。